さすらいの日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいの日記帳

ゲームやアニメから趣味のことまで

風呂でiPhoneを使ってみて感じた3つのこと

生活 iPhone


先日、知人と話している中で風呂でiPhoneを使っているというのを聞き、私も一度試してみました。
思ったことを書いていきます。

用いた方法


割とメジャーな方法らしいですが、

  1. ジップロックiPhoneを入れる
  2. 結露対策にストローで空気をできるだけ抜く

といった感じです。
※故障の危険性があるので実際に行う場合は自己責任でお願いします。

試してみてどう思ったか

正直、私はあまり良いとは思えませんでした。しばらくは再びiPhoneを風呂で使うことはないでしょう。

人によって考えは違うとは思いますが、私が駄目だったと感じた点を3つ挙げていきます。

疲れを感じた

湯船につかりながらiPhoneを触っていたことで本来リラックスするべき風呂で逆に疲れてしまいました。
風呂の時間を有効活用するつもりが逆に無意味な時間にしてしまいました。


文を読んでも頭に入らなかった

風呂に入りながら、ブログなどを見てまわっていたのですが、どうも内容が頭に入ってきませんでした。
温かいお湯に浸かって、少しぼーっとしてしまっていました。

故障のリスクを伴う

やはり、本来防水ではない機器を風呂場に持ち込むことはリスクを伴います。
完全防水ケースを使っているというのなら話は別ですが、私のような方法の場合はいつ壊れてもおかしくはないわけです。

まとめ

無理に風呂の時間を有効活用しようとして、風呂に入る本来の目的を見失ってしまっては本末転倒だと感じました。
また、風呂で毎日使うようになるほど依存してしまっても良くないですね。

何しろ私には合わなかったです。


もし使うにしてもiPhoneには触らず、音楽を流すだけにするのならば良いかもしれません。


それではまた。

広告を非表示にする