さすらいの日記帳

さすらいの日記帳

ゲームやアニメから趣味のことまで

【甲鉄城のカバネリ】第1話 「脅える屍」感想

今期のノイタミナ
甲鉄城のカバネリ」は結構期待していました。

1話感想などです。





監督・脚本

監督は荒木哲郎(進撃の巨人など)
脚本は大河内一楼(コードギアス 反逆のルルーシュなど)
が担当しています。


主題歌

OP「KABANERI OF THE IRON FORTRESS

作詞・作曲・編曲 - ryo
歌 - EGOIST

ED「ninelie」

作曲 - 澤野弘之
歌 - Aimer with chelly (EGOIST)

あらすじ

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の化物が現れた。鋼鉄の被膜に覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。
極東の島国である日ノ本(ひのもと)の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「駅」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。駅を行き来ができるのは分厚い装甲が施された装甲蒸気機関車(通称、駿城(はやじろ))のみであり、互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。
製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅(あらがねえき)に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒(いこま)。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒(づつ)」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。
そんなある日、前線をくぐり抜けて駿城の一つ甲鉄城(こうてつじょう)が顕金駅にやってくる。車両の清掃整備に駆りだされた生駒は、義務であるカバネ検閲を免除される不思議な少女を目撃する。
その夜、生駒が無名(むめい)と名乗る昼間の少女と再会するなか、顕金駅に駿城が暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!顕金駅に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒は走る。今度こそ逃げない、俺は、俺のツラヌキ筒でカバネを倒す!
―――こうして、本当に輝く男になるための生駒の戦いが始まるのだった。


PV


感想など

物語の舞台はスチームパンクと和風を合わせた感じ。完璧なくらい私好みな世界観です。

これだけでも見る価値ありだと思います!



キャラデザは少し古い感じですが、前述の世界観にはぴったりだと感じました。

ストーリーもなかなかこれから見ごたえがありそうです。

やっぱりこの感じだと主要キャラっぽい人もどんどんいなくなっていくのでしょうか…。


また作中の音楽には澤野さんのものが。
やはり壮大で盛り上がりますね!



甲鉄城のカバネリ。
これから出てくるキャラや、ストーリーの展開などに期待して見続けようと思います!



それでは!



2話感想はこちら

広告を非表示にする