さすらいの日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいの日記帳

ゲームやアニメから趣味のことまで

今更ながら「シン・ゴジラ」を観てきました。


こんにちは

ずいぶん遅くなってしまいましたがシン・ゴジラ見てきました。

軽く聞いてはいたのですが、思っていた以上に政治ドラマでした。政治に関しては人に説明できるようなしっかりとした持論があるわけですないので細かくは書きませんが、思ったことを軽く書いていきます。

ゴジラ上陸

まず、最初の第一形態のゴジラが上陸してきたところ。なかなかグロテスクな容姿をしていたので、正直言うと最終形態のゴジラよりも恐怖感が強かったです。

ゴジラは非現実的だけれども、実際に人が多い都心で大きな災害が発生した時は相当なパニックになるでしょう。都心部に出かけている時に何か起きたらと思うと恐ろしいですね。

少し逸れますが、危機的状況下にも関わらず、逃げる時にスマホで写真を撮っている人がいるあたり、現実でも起こりそうだと思いました。まさにネット社会です。

政治ドラマ

次に「あなたの国は誰が決めるの?」という言葉。確かに日本は責任を誰が取るのかはっきりしていない感じがありますよね。それが映画の大きな割合を占める会議シーンに現れていたと思いました。

そして「核」についてのメッセージも込められていましたね。ゴジラの力もそうですし、米国の対応にも核が絡んでいました。核を一度使ってしまうと長く後世に影響が残り、取り返しがつかないですからね。


総攻撃

そして、自衛隊による総攻撃シーン。私はもう少しじっくり見たかったと思いましたが、迫力はなかなかのものでした。
特にズームでの10式戦車の砲塔旋回がかっこ良かったです!
実在する兵器が多数登場するというのも私の中では評価高いです。



最後に

映画としての評価は賛否両論のようですが、私としては結構楽しめました!遅くなってしまったけれど観に行って良かったです。

それではまた!

広告を非表示にする