さすらいの日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいの日記帳

ゲームやアニメから趣味のことまで

「終末のイゼッタ」第1話感想。ミリタリーやファンタジーなど様々な観点から楽しめました!

アニメ アニメ-2016秋

アニメ「終末のイゼッタ」より引用。
© 終末のイゼッタ製作委員会

「終末のイゼッタ」キャスト、スタッフ、あらすじ、第1話感想についての記事です。


オリジナルTVアニメ「終末のイゼッタ」公式サイト – 西暦1940年… 少女は、戦場を翔ける


あらすじ


1939年、帝国主義国家ゲルマニア帝国は突如隣国に侵攻を開始した。
その戦火は一気に欧州全域へと拡がり、時代は大戦の渦に巻き込まれていく。
そして1940年、ゲルマニアはその矛先を美しい水と緑に囲まれたアルプスの小国、エイルシュタット公国に向けようとしていた。
イントロダクション|オリジナルTVアニメ「終末のイゼッタ」公式サイト

アニメ公式サイトより引用
© 終末のイゼッタ製作委員会



スタッフ

スタッフ監督:藤森雅也
シリーズ構成・脚本:吉野弘幸
キャラクター原案:BUNBUN
キャラクターデザイン・総作画監督:山下 祐
軍事ディレクション:月刊PANZER 和泉貴志 柘植優介
CG制作:オレンジ
美術:GREEN
音響監督:長崎行男
音楽:未知瑠
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:亜細亜堂
製作:終末のイゼッタ製作委員会


キャスト

イゼッタ:茜屋日海夏
フィーネ:早見沙織
ビアンカ内田彩
ロッテ:東山奈央
エルヴィラ:花澤香菜
ベルクマン:諏訪部順一
ジーク:高橋広樹
リッケルト花江夏樹
ハンス:KENN
バスラー:細谷佳正
ゲルツ:遊佐浩二
ヘルマン:置鮎龍太郎
ビアス間島淳司
エリオット:平川大輔
ルドルフ:森川智之
オットー:山寺宏一




感想など

アニメ「終末のイゼッタ」より引用。
© 終末のイゼッタ製作委員会

まず、フィーネ姫。第一印象は良かったです!

「私も最後の瞬間まで戦い抜いてみせよう。
この血の一滴が尽きるまで我が一族の誇りにかけて!」

国民に愛されているのも納得です。
脇だけ空いてるドレスも最高でしたよ…!



アニメ「終末のイゼッタ」より引用。
© 終末のイゼッタ製作委員会

次にイゼッタ。どうやら幼い頃にフィーネとの関わりがあったようです。

対戦車ライフルに跨って、飛行機の残骸をかわしながら飛ぶ姿はとてもかっこよかったですね!
一個中隊を一人で壊滅させたというような会話もありました。

彼女の秘密は今後少しずつ明らかになっていきそうです。




また、ドイツの3号戦車などが出ていたりとミリタリー方面からも楽しめそうです。これから、様々な武器、兵器が登場すると思うので、その辺にも期待しています!



そして、ラストシーン。

あれ…もしかして……

アニメ「終末のイゼッタ」より引用
© 終末のイゼッタ製作委員会

「百合」ですか?


キマシタワ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!






作中の登場国は、

ブリタニア→イギリス
ゲルマニア→ドイツ
テルミドール→フランス

という感じでしょうか。

エイルシュタットは、スイスかリヒテンシュタインかな。


今後の流れはある程度史実沿って進んでいくのか、それとも…。
今後の展開を楽しみに待とうと思います。




最後に

「終末のイゼッタ」
歴史、ミリタリー、魔女、ファンタジー、そして百合と、様々な要素を盛り込んだ作品でした。

オリジナルアニメなので尚更、脚本のさじ加減が難しそうですが、バランス良く盛り込んで物語が進められればなかなか良い作品になりそうですね!



それではまた!



© 終末のイゼッタ製作委員会




▼関連記事
2016年秋アニメ カテゴリの記事一覧

広告を非表示にする