読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいの日記帳

ゲームやアニメから趣味のことまで

「ステラのまほう」第1話感想。女子高生が「SNS部」で同人ゲームを作る物語。


アニメ「ステラのまほう」より引用。
© くろば・U/芳文社
© くろば・U・芳文社ステラのまほう製作委員会

こんにちは。
アニメステラのまほうのスタッフ、キャスト、あらすじ、第1話の感想などについての記事です。

TVアニメ「ステラのまほう」公式サイト



あらすじ


高校の入学式の日、同人ゲームを作る部活「SNS部」と出会った本田珠輝。やりたいことを見つけたと思って入部したものの、絵もプログラムもシナリオも音楽も、一から自分たちで作るのって大変!
先輩や幼なじみと一緒に、完成を目指して頑張ります!

TVアニメ「ステラのまほう」公式サイトより引用。
© くろば・U/芳文社
© くろば・U・芳文社ステラのまほう製作委員会



スタッフ

原作:くろば・U「ステラのまほう」(芳文社刊)
監督:川面真也
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン:古川英樹
プロップデザイン:原口渉
美術監督:谷川広倫(アトリエブーカ)
色彩設計:重冨英里
撮影監督:佐藤敦(シャムロック)
編集:坪根健太郎(REAL-T)
音響監督:亀山俊樹
音楽(BGM):倖山リオ・桑原まこ・kidlit
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:SILVER LINK.

キャスト

本田 珠輝:長縄まりあ
村上 椎奈:村川梨衣
関 あやめ:小澤亜李
藤川 歌夜:悠木 碧
布田 裕美音:前川涼





感想など

ステラのまほう
第1話「スタート地点」



© くろば・U/芳文社
© くろば・U・芳文社ステラのまほう製作委員会

メインの登場人物は左から順に以下の5人。

本田 珠輝(ほんだ たまき)
村上 椎奈(むらかみ しいな)
関 あやめ(せき あやめ)
藤川 歌夜(ふじかわ かよ)
布田 裕美音(ふだ ゆみね)


第1話はまず、高校の入学式の日に「ゆみね」が「たまき」を家まで迎えに来るところから始まりました。

「たまき」は「ゆみね」に「たまちゃん」と呼ばれていました。それにしても、たまちゃんの3方向に広がるアホ毛は一体…

その後学校で行われた部活PRで、同人ゲームを製作する「SNS部」に興味を持った「たまき」は入部を決めます。子供の頃から遊びを考えるのが好きだったみたいです。
こういうちょっとした思い出から将来を決める人も結構いるんでしょうね。好きなことを楽しめるのは良いことです!




SNS部」の部室でお互いに自己紹介をしている様子。
© くろば・U/芳文社
© くろば・U・芳文社ステラのまほう製作委員会

そしてSNS部の部員の村上 椎奈、関 あやめ、藤川 歌夜と共にゲームを作ることになります。

そこで衝撃の事実が…!

SNS部というのは、

S→死んだ魚の目
N→日照不足
S→シャトルラン

の略だったのです。なぜこうなった!
何か訳があるようなので、これから先明らかになると思われます。


そんな「SNS部」ですが同人ゲームを夏コミを目標にして作るようです!




そのゲーム制作にあたって、たまきはイラスト担当になったのですが、絵を少ししか描けないようなことを言っていました。


自宅でたまちゃんがしていた模写。
© くろば・U/芳文社
© くろば・U・芳文社ステラのまほう製作委員会

模写ですが結構上手いじゃないか。ここから更に自分らしい絵を追求していくわけですね。

少し話が逸れるけれども、好きな絵を思ったように描けたら楽しいだろうなといつも思っています。描ける人はそれ相応の訓練をしているのでしょうけれど、やはり羨ましくなりますよね…!


最後に

ステラのまほう」のんびり見ることができそうな作品でした。マンネリ化しなければ、最後まで楽しめそうですね!
OP・EDも割と好みでした。ドット絵がかわいいです。

これからしばらく「SNS部」を見守っていこうと思います。

それではまた!




▼関連記事
2016年秋アニメ カテゴリの記事一覧




広告を非表示にする