読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいの日記帳

ゲームやアニメから趣味のことまで

「ラスピリ」ギルドバトル情報まとめ

ゲーム ゲーム-ラストピリオド アプリ アプリ-ゲーム


ラストピリオド、バージョン1.2.0にて実装された「ギルドバトル」についての情報をまとめました。
まずは基本を覚えることでギルバト攻略に役立てましょう。


ギルドバトルは2016年10月28日より開始します。

※内容には調査中の情報も含まれます。


ギルドバトルとは


ギルドに所属しているプレイヤーがで参加することができる機能です。
ギルバト時はBP(バトルポイント)を消費することでバトルに参加することができます。
他ギルドが設定した防衛アートに勝利することでGP(ギルドポイント)が獲得でき、30分間で獲得GPを競います。



参加日程の設定

ギルドバトルの参加日程の設定はギルドマスターのみ行えます。
開催時刻は各曜日
フェーズ1/12:00〜12:30
フェーズ2/18:00〜18:30
フェーズ3/21:00〜21:30

となっており、1日に2回まで参加設定が可能です。
参加しないという設定も可能なのでギルドメンバーと相談して日程を調節することも大切です。



ギルドバトルへの参加


参加時刻になると、ギルドメニューにフェーズと残り時間が表示されます。それをタップすることでギルドバトルへの参加が可能です。
マッチング後に加入したギルドメンバーは次のマッチングが済むまではギルバトに参加することができません。
マッチングは毎日0時〜6時の間に行われます。



防衛アートの共有と設定

防衛アートは他ギルドの侵攻から拠点を守る大切な役割を持っています。この設定はギルドマスター、サブマスターが行うことができます。
防衛アートはギルドメンバーが共有したアートの中から3体を選んで設定することができますが、同種のアートを複数配置することはできません。

アートの共有はギルドマスターのみ3体まで、メンバーは1体のみ選出することができます。同種のアートを選択できないことからメンバー同士での調整も大切になると思います。

また、アートを何も設定しなかった場合、自動的にゼルブーが配置されます。ゼルブーはアルティメットだとHPはあるものの攻撃力が非常に低いので、ギルドバトル参加前に何かしらのアートを設定しておくようにしましょう。



ギルバト用のパーティー編成

ギルドバトルでは通常クエストと異なり、本来助っ人である枠を自分のユニットから選択することができます。
6体目のユニットのリーダースキルもサポートスキルとしてパーティーに適用されます。
ギルドバトル中は編成の変更をすることができないので注意が必要です。



防衛EXPと防衛Lv


防衛EXPは対戦相手の防衛アートに勝利することで獲得することができます。獲得EXPは防衛アートや難易度には左右されず一定です。
しかし、コンボによるボーナスは存在します。
10コンボ→10%
20コンボ→20%
30コンボ→30%
50コンボ→50%



獲得した防衛EXPを使用することで、防衛Lvを上げることができます。防衛アートの防衛Lvを上げることでステータスが上昇しより頼もしい防衛役となります。



出撃とBP(バトルポイント)

戦う拠点と難易度を選択したら30BPで敵ギルドの防衛アートと戦闘することができます。勝利するとGP、防衛EXP、貢献ptをそれぞれ獲得することができます。防衛EXPとは違い、GPと貢献ptは難易度が高くなるほど多くなります。

BPは上限となる200Pを保有した状態でギルバトが開始します。クエストなどで消費するAPとは異なり時間経過による回復はしません。

回復手段としては以下の3つが挙げられます。
・ギルバト開始から15分が経過すると、ギルドバトル画面にアクセスしたタイミングで100BP回復。
・出撃のためのBPが不足した状態になると、ルナストーン5個を消費して100BP回復することができるようになります。
・特定の防衛アートの拠点効果により、設定されている拠点のアートに勝利した際10〜20BP回復します。

拠点効果とは防衛アートがここに保有する効果のことで、設定している拠点のアートに勝利することで効果を得ることができます。



ガード効果の違い

ギルバトでのガードによる効果は通常クエストとは異なります。
Good→25%ダメージ軽減
Perfect→100%ダメージ軽減 / 状態異常無効 / ステータス低下無効

よって、ギルドバトルにおいてはPerfectガードを狙うことが通常クエストに比べて非常に重要になります。ガードさえ上手くすることができればパーティの弱点をカバーすることができるので、ゲオルギオスなどのよく使われそうなアートに関しては自信がない場合、事前に通常クエストで練習しておくと良いと思います。



占拠状態と占拠ボーナス


占拠状態とは、各拠点の獲得GP数が相手ギルドを上回っている状態を指します。

占拠ボーナスとはギルドバトル開始から15分、30分の時に判定され与えられるボーナスです。そのタイミングで占拠している拠点がある場合、占拠ボーナスとして多くのGPを獲得することができます。
また、全ての拠点を占拠していた場合は全占拠ボーナスとして、占拠ボーナス分のGPを全て獲得することができます。

GPが相手と同じ場合は中立状態となり、双方占拠ボーナスを獲得することはできません。

占拠ボーナス発生後は、勝敗を決める総獲得GPはそのままですが、拠点のGPは全て0にリセットされます。



フィーバーとギルドアビリティ


フィーバー時は形勢逆転のチャンスです。
一定防衛EXPを獲得することで一定時間フィーバー状態になります。
フィーバー時の初回出撃では消費BPが0になり、フィーバー中の獲得GPが2倍になります。
フィーバー中にどれだけGPを稼げるかが勝敗を大きく左右しそうです。


ギルドアビリティとはギルドバトル中に発動することで特殊な効果を得られるものです。防衛アートの討伐によって発動のためのゲージが溜まります。ゲージの溜まり方は難易度によって変動します。

ギルドアビリティの効果は発動から一定時間続きます。ギルド内で最大5つまで同時発動が可能で、効果時間が過ぎるまでは他のアビリティを発動することができません。

ギルドアビリティをギルバト中に使用するには開始前にあらかじめ設定しておくことが必要です。ギルドアビリティはギルドメダル交換所で交換可能で同じアビリティを取得した場合はLvが上がり、効果が上昇します。また発動に必要なアビリティポイントも少なくなるため、発動間隔を短くすることができます。



貢献ptと訓練所

貢献ptは防衛アートに勝利することで獲得することができます。獲得ポイントは防衛アートのステータスによって変動します。
溜まったポイントはギルド施設に並んでいる「訓練所」に投資することができます。訓練所のレベルが上がるとギルドバトルでの獲得GPが上昇し、勝負を有利にすることができます。



ギルドランク・GR(ギルドレート)と報酬


開始から30分でギルバトは終了し集計が始まります。
終了時点での占拠ボーナスが加算された上での総獲得GPで勝敗が決まります。

勝敗によってGR(ギルドレート)の値が増減し、数字が大きいほど上位となります。

また、GR(ギルドレート)によってギルドランクが決まります。

Aランク:GR1700〜2000
Bランク:GR1500〜1699
Cランク:GR1300〜1499
Dランク:GR1100〜1299
Eランク:GR800〜1099
Fランク:GR500〜799

このギルドランクに応じて報酬の内容が変化します。

ギルドランク報酬は、週に1度配布され、ギルドメダル、ルナストーン、ゼルが手に入ります。


また、ギルドランク報酬とは他に個人報酬として活躍に応じてギルドバトル毎に少量のギルドメダルとゼルが手に入ります。


ギルドメダルの使い道

ギルドメダルはギルドメダル交換所にて様々なアイテムと交換することができます。

・ギルドバトルを有利に進めることができるアビリティ。
・各種覚醒の書(☆3〜5)
・チャットで使用するスタンプ
・黄金の鍵、進化の鍵、強化の鍵
・ホプまん(小・中・大)

など。

ギルドバトル中にできないこと

・ギルドの脱退、ギルドメンバーの解散
・ギルドマスターの交代
・サブマスターの任命
・サブマスターの解任
・ギルドメンバーの追放
・防衛アートの設定
・アート共有の設定
・ギルドバトル用パーティの変更
・ギルドアビリティの変更
・ギルドアビリティの受取

ギルドバトルが始まってから設定していないと困るので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。



最後に

ギルドバトルの実装によって、ギルドメンバーとの交流の機会も増えるかと思います。各ギルドにあったペースで無理をせず参加し攻略しましょう!




ラストピリオド関連記事一覧

広告を非表示にする